CREATE CREATE

レザーの最高峰、カーフレザー

"キングオブレザー(レザーの王様)"の称号を持つ、カーフレザー。その見ための美しさと、手にしたときのなめらかな感触は、一度触れると虜になるほど。そんなカーフレザーの魅力をご紹介します。

カーフレザーは、"生後6ヶ月未満の子牛の革"。食肉用として育てられた子牛の皮を加工して、製品の素材として利用されています。生産地はフランスやイタリアなど、食肉需要のある欧州がメイン。生産量が少なく、成牛の革(ステアハイド、カウハイド、ブルハイド等)に比べて、革も小ぶりで製品利用できる面積が小さいため、希少価値のある高級な革です。
また肌のきめが細かく、ソフトで滑らか。その上品な質感から、"キングオブレザー"とも呼ばれ、ハイブランドの中でも高級ラインのアイテムに使用されるなど、素材としても高い評価を受けています。ところが、希少性や生産コストの高さから、商品価格がどうしても高くなってしまうデメリットも。低価格市場の時代の流れとともに、カーフレザー商品を作るブランドも少なくなっています。

生後2年以上

ブルハイド
(野生の雄の成牛)

生後2年以上

カウハイド
(雌の成牛)

生後2年以上

ステアハイド
(去勢された雄の成牛)

生後6ヶ月〜2年以内

キップレザー
(中牛)

生後6ヶ月以内

カーフレザー
(仔牛)

一番の魅力は、革は強くて頑丈というイメージを一変してくれる、"ソフトでなめらかな質感"。カーフレザーは、年月を重ねた成牛の革に比べ、毛穴が小さく、目が詰まっています。そのため、一般的な革よりも表面の凹凸が少なく、他にはない上品でスムースな肌触りを楽しめるのです。また、革は表面がなめらかであるほど、光を反射しやすくなり"ツヤ"を纏います。カーフレザーは元来持つ肌質を生かして、ワンランク上の美しいツヤが表れるため、より上品でエレガントな表情を見せてくれます。

アスメデルのアイテムは、すべてイタリアの名門タンナー(=皮をなめして革素材にするメーカー)であるINCAS(インカス)社のカーフレザーで作られています。INCAS社は、その品質の高さは世界最高とも言われており、ヨーロッパの一流ブランドと取引をしているなど、信頼の厚いタンナーのひとつです。INCAS社製の革は、裏面に社名が刻印されています。アスメデルでは、その刻印も信頼の"シルシ"として、アイテムの隠れたところにひっそりと忍ばせています。お手元のアイテムにも隠れていないか、ぜひ探してみてください。

CONTACT

専用フォームからのお問い合わせ

よくあるご質問

お電話のお問い合わせ

営業時間 10:00〜17:00(土日祝・年末年始は除く)